新しいジーンズを買ったので紹介します。



大分遅れてのレビューですが…。

悩みに悩んだ結果、2本購入しました。

悩んでいた頃の記事はこちら↓

新しいジーンズが欲しくて仕方が無い。

 

購入したお店紹介

 

日本帰国後、気合いを入れて足を運んだのは、横浜市に店舗を構えるDenimioさんです。

在庫4000本以上を取り揃える国産デニム専門店!
この品揃えは、検索した限りでは東京にもありませんでした。

店舗よりもネット通販がメインのようで、店舗は実際に試着したい人のニーズに応えて営業頂いているとのことです。海外にも発送しているとのことで、サイトも正に海外対応(言語、通貨)していますね。

アブダビで色々調べて候補に挙がっていた、Big John、桃太郎、Samurai、他にもFlat Head、Evisu、KURO、Oni Denim、Burgus Plus、Eternal、Japan Blueまで…

全部あるやないかい!(歓喜)

ジーンズの仕入れ販売だけではなく、W&Wという自社ブランドのジーンズも扱っています。凄い。

お店に入ると…

ジーンズ専門店という名に相応しい、というか、その呼称に収まらないくらいの空間がそこにありました。

店というにはあまりにも詰まり過ぎていて…。ジーンズセラーと言うべきか。(あれ、ちょっとダサい?)

若く感じの良いスタッフさんが接客してくれました。

思う存分 試着するぞと意気込んでいましたが、圧倒的な品揃えを前に、どれを穿いたらよいか分からず(笑)

 

購入品紹介

 

BIG JOHN / RARE009

 

まず購入を決めたのは、以前よりこれぞ究極?と期待していたBig JohnRARE R009

1980年からある、歴史あるシリーズである。

細身、でも、スキニーほどでは無い、ちょうど良く細身のシルエット。

坂本デニムが染めた藍聖デニム。まさに藍色。
そして、鉄と銅を組み合わせた、オリジナリティあふれるリベット。
ステッチは細く細かく、上品な雰囲気です。

フロントボタンもオリジナルのクラフトマンマーク。

赤みがかった茶色の耳。

主張しないバックデザイン。鹿革のパッチも藍。ポケットの下半分は極厚のスレーキで補強されています。

ボタンにも耐久性を高めるために鹿革をかませるひと手間。

裏返してもカッコイイ。

ちなみに着画はこちら。もう一回洗ったら、ジャストサイズに切ります。まだ生地がかたく、歩くのは問題無いのですがしゃがむのはちょっときつい。

うーん、たまらんぜ。

所有欲を満たしてくれる一本。

 

STUDIO D’ARTISAN / Salesman Jeans

 

そしてもう一本。選んだのは、STUDIO D’ARTISAN (ストゥディオ・ダ・ルチザン) Salesman Jeans (セールスマンジーンズ)です。

RAREを選んだ後、太目のジーンズが欲しくなってしまったのですよ。元々持っているのも細身ですし。

D’ARTISANは、大阪のジーンズメーカーであり、BIG JOHNに負けず劣らずの歴史があります。特に、世界初のヴィンテージ仕様のセルビッジジーンズを製作したメーカーとして知られています。

今回購入したSalesman Jeansは、D’ARTISANの扱うデニム生地5種類を組み合わせて製作した、何とも独特な一本。その名の通り、セールスマンが穿いていって、そのまま生地の紹介ができるように、というイメージ?で作られたモデルです。

分かりますかね。左足と右足の生地や ベルトループの生地が違うのが。あと左右で使っているステッチの色まで違います。それぞれの手触りも違います。

セルビッジ部分。足の前側と後ろ側も違うのです。セルビッジの糸の色も、裏地の色まで違います。

バックデザイン。色落ち具合も当然違うらしいので、どうなるか楽しみ。

裏のラベル。レプリカジーンズの創造者としての誇りがそこに。

着画。大きめにロールアップしてクロップ丈にして穿いています。太めですがスッキリ見えます。裏地の色が違うので面白い。

購入候補には無かったのですが、遊びつつもこの確かな作りにホレました。

 

サラリーマン、おまけに暑い中東の地なので、今のところあまり穿くチャンスが無いのですが、10年以上穿くつもりで、じっくり育てていきたいと思います。

 

日本のクラフトマンシップに敬礼。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA